眼精疲労について

眼精疲労とは

目を使う仕事がとても多い世の中です。目の疲労が著しく強い場合、いくら休息しても疲労が十分回復せず、仕事をしていないときでも眼のかすみや痛み、頭痛などが生じたり、肩凝り、胃の不快感、全身のだるさなどを自覚するようになります。

こういった症状を「眼精疲労症候群」と呼び、診断にあたっては眼科的検査のほか、全身疾患の有無などの検査も必要とされます。

眼精疲労治療の上手な受け方

目の疲れによる、

・充血
・眼痛
・眩しくて涙が出る
・目瞼のケイレン
・肩こり
・頭痛
・ストレス

などの症状に対しては、
週に2~3回の治療を受けると効果が期待できます。

20~30代

20~30代の人の眼精疲労については、睡眠によりある程度、機能回復も認められますが、調節機能の回復にはよりすぐれた効果を示しますので、疲れを感じたらすぐ治療を受けて下さい。週に何回でも結構です。

40~50代

40~50歳の老眼鏡使用においても初期の場合、近点調節回復には、効果がバツグンですので定期的に(週2回程度)は、治療を受けて下さい。

点眼について